医師のアルバイト仕事の特徴と課題について

様々な種類のワークスタイルがあります

医師と言っても色々な種類の医師がいらっしゃいます。病院に勤務する勤務医であったり自分自身でクリニックを所有している開業医そして、会社組織に勤務している産業医であったり製薬会社で仕事に従事するメディカルドクター等が挙げられます。勤務医は主な収入は病院となりますが、とりわけ大学病院では研究日とされる日があり、当日は常勤先の他のクリニック等で業務につくこととなります。これについては日中の間ですが、それ以外に当直の救急外来や病棟管理を実施する仕事も存在します。

医師のバイトは費用対効果が良いです

医師がアルバイトをする理由は、常勤における月の報酬より換算した時間給とアルバイトによって享受できる時給がずいぶん異なるためです。常勤の年収は時間外手当などを入れると1千万円くらいといえます。その反面アルバイトの時給は1万円で1日につき10万円収入を得ることも可能だと言えます。費用対効果が良いため多少無理してでも行うことがよくあります。しかしながら、外側で仕事に従事する時には当然それ相当の苦労も存在しています。

医師のバイトの苦労もそれなりにあります

とても割のいい医師のバイトですが、あらためていうまでもなく、経験が浅い勤め先での勤務であればこその苦労もあります。移動が重くのしかかってきたり、不慣れな対人関係のハードルがあったりというのはそれなりにイメージを描きやすいですが、現在の薬事情の苦労も見受けられます。医療費のカットのため厚労省が奨めているジェネリック医薬品ですが、これは病院によって採用されている薬がバラバラなのです。常勤で活用している薬がバイト先では役に立たないということがよく見受けられます。

医師のバイトでは、高額な時給が設定されているなど、様々な魅力を持った求人が揃っているため、安心して求人探しができます。